〒194-0032 東京都町田市本町田2015-12
町田駅からバスで約10分、緑ヶ丘入口下車徒歩1分/駐車場あり

受付時間

9:00~12:00 /14:00~19:00
定休日:日曜・祝日・水曜午後・土曜午後

お気軽にお問合せ・ご相談ください

042-860-6465

反り腰の人への対処法1

今日は反り腰の人への対処法についてお話いたします。

立った姿勢で腰が反っている方は反り腰と言われ、一見モデルさんのようにかっこよく見えるかもしれません。また、それがよい姿勢だと思うかもしれません。

実は腰を傷める姿勢なのです。

腰が反っていると下記のような状態に見えます。

  • 頭が前に傾き肩が丸まっている
  • 腰のS字カーブの反りが大きい
  • 横から見るとウェストラインが前下がりになる
  • ひざ頭とつま先が外側に向いている
  • お腹がぽっこり突き出している

これは骨盤が前傾しているためにこのような姿勢になってしまいます。

腰が反ってくると腰骨の後方部が狭くなり神経を圧迫したり無理なS字カーブにより4番5番の下の腰骨が滑るすべり症や分離症になってしまいます。

 

骨盤が前傾している人は太ももの前面部が硬く張りやすくなります。この太ももが硬く短縮することにより骨盤が前傾するように引っ張ってしまいます。

では、どのように対処すればよいでしょうか?。

まずは太ももの前面をストレッチします。

こんな感じです。

片方の手で同側の足首上を持って伸ばします。この時、股関節は曲げないようにしましょう。

1回に10秒位伸ばしたら、今度は反対側も同様に10秒位伸ばします。

太ももが硬い人は股関節を少し曲げても大丈夫です。少しづつ伸ばせるようになったら股関節も伸ばしてみましょう。

最終的な理想は、手で伸ばさなくても(手で踵をお尻につけなくても)自分の足だけで踵がお尻に叩けるといいですね。これめざして頑張ってみましょう。

新着情報・お知らせ

最終更新日

2024年7月6日~7月8日まで
臨時休診


 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

お気軽にお問い合わせください。
042-860-6465

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

みどりヶ丘整骨院

住所

〒194-0032 東京都町田市本町田2015-12

アクセス

町田駅からバスで約10分、緑ヶ丘入口下車徒歩1分 
駐車場:あり

受付時間

9:00~12:00 /14:00~19:00
(水曜・土曜は午前のみ)

定休日

日曜・祝日・水曜午後・土曜午後